お客様の声
Voices

Voice_02 松山菜穂子様

  1969年生まれ
  ゴルフ歴 22年
  ハンディキャップ=3

  1. なぜゴルフのレッスンを受けるのか??

ゴルフが楽しくなり始めた頃、ハンデ2の女性と友達になった。その友人がアマチュア競技に一緒に行こうと誘ってくれて、その仲間達と同じ土俵でゴルフを楽しみたいと思うようになった。しかし当時の私はハンデ15になったばかり。みんなの足手まといのゴルフしか出来なかった。 そこで友人に「ハンデ10までは自分の努力でなれるけど、もっと上手くなりたかったらプロのレッスンを受けたほうがいい」というアドバイスを貰った。 合田プロは、レッスンを御願いした3人目のプロ。 その頃は、もう「ゴルフは向いてない」と心が折れていたところに、悩んでるようだねと知人が声をかけてくれて、「いい人だから相談してみたら」と合田プロを紹介してくれた。テレビで観た人でもあったし、もちろん名前も知っていた人だけど、気軽に声をかけられる存在でもなく、本当に勇気を出して診て貰ったのが、合田プロとの最初の出会いでした。

レッスン風景
2. 何が変わった??

ゴルフの全てが変わった。スイングは、まだまだ未熟者で、今なお気付きを頂いています。ゴルフは、人の為ではなく自分のために楽しんで、そして謙虚にゴルフに向き合うという気持ちを持たせてくれたのは、合田プロです。 私はゴルフのセンスが無くて、課題の克服能力が極めて低く、受けたレッスンを勝手な解釈と具現化できない理解力により、ダメにしてしまう事が多かった。他のプロ達には、「何故せっかくココまで作ったのにゼロにしてしまうんだ」「出来たら、その後には忘れてしまう!」などと言われました。でも合田プロは、いつも個人を見て、その個人を尊重してくれる。 合田プロの、「あなたには頑張るセンスとヤリ続けるセンスがある。遠回りして上手くなっていこう。悪くなったら、いつでも元に戻れるから心配しないで」という言葉に支えられて頑張ってこられた。 ゴルフに於いて、今の私がココにいられるのは合田プロの御陰。感謝の気持ちしかない。これからも、まだまだ変わり続けていけたらいいなと思っています。

レッスン風景
※ 合田プロ談

松山さんのゴルフを診るようになってから10年以上も経ちますが、私のほうこそ彼女には、本当に佳いゴルファーに成長してくれているという感謝の気持ちを抱いています。仕事に従事しながら自分の時間を作って、懸命にゴルフに取り組む姿勢には、私のほうこそ、彼女から学ぶことが多いくらいです。人は、人と関わり合うなかで、人間として成長してゆき、幸福を掴んでいくものだと思いますが、松山さんは知ってか知らずか、自分を高めるために、ゴルフというスポーツに向き合っている人だと感じます。現在の彼女の目標は、全日本クラスのタイトル奪取ですが、それ以上に、彼女がゴルフから得ているものは大きいだろうとも感じています。 彼女は、とても上手になりましたが、上手でありながら、誰にでも愛され尊敬される素晴らしいゴルファーだと言えるでしょう。





Voice_01 高野よう子様

  1944年生まれ
  ゴルフ歴 30年
  ベストスコア 88(2013年12月)

  1. なぜゴルフのレッスンを受けるのか??

ベストスコアを出した年をピークに飛距離が下がり始めて、全く100を切れなくなってしまいました。
そこで、自宅から徒歩で通えるインドアスクールに通ったり、友人に紹介されたコースレッスンにも参加したのですが、悪いところは分かっても、改善されることはありませんでした。
結局のところ、いくら一生懸命スクールのレッスンに通っても、飛距離は落ちるしスコアも悪くなる一方だったんです。
半ば諦めていた矢先、ある先輩から「ゴルフに精通している本物のプロがいる」と、合田プロのことを聞きました。
それが合田プロのレッスンを受けたキッカケです。

レッスン風景
飛距離が伸びない大きな要因は、インパクト後にフォロースルーが止まってしまうこと。
それは、これまで教えていただいたプロや友人達にも言われ続けていたことでしたから、自分でもよく分かっていました。
ですが、いくら振り切ろうとしても、どうしても止まってしまうんです。私も長いことゴルフをやっていますから、振り切ることの大切さは分かっているのですが…どうしても上手く出来ない。
これまで様々な方からたくさんのアドバイスをもらって、本当に色々な方法を試したのですが、どうしても上手く振り切ることが出来なかったのです。


2. 何が変わった??

そこで合田プロのレッスンを受けてみると、驚いたことに、今まで誰からも聞いたことのない話でした。
それは「必然的にフォロースルーが取れて振り切れるようにする」という話。
頑張って「振り切る」とか頑張って「フォロースルーを出す」とかではなく、自然に振り切れるという方法だったのです。
確かに初めて聞いた話でしたが、その話は論理的で理解することも容易でした。
そして、いくつかのポイントを踏まえることで実際に体感させてくれたところあたりから、私のスイングに驚くような変化が現れ始めました。
最初のラウンドレッスンを受けた頃から私のスイングは劇的に改善され、飛距離も大きく伸びました。
なにより100切りが当然のゴルフに変化したのです。

これまで悩んでいたのが嘘のように晴れて、いま、若い頃の飛距離を取り戻しつつあるなか、ゴルフを心から楽しんでおります。
合田プロが教える生徒さん達とも知り合いになり、ゴルフ仲間も増えました。皆さん善い方ばかりです。
これからも生涯健康を目指し、合田プロと一緒に頑張りたいと思っております。

レッスン風景
※ 合田プロ談

高野さんは私の母親と同世代の女性ですが、とても若々しい溌剌としたかたです。
バイタリティに溢れていて、とにかく上手くなりたいという、いうならば根性のあるかたです。
往々にして女性は根性のあるかたが多いので、テーマを設けると、それに向かって邁進してくれる傾向にありますから、私の生徒さんに限って言えば、皆さんが皆さん確実に上手になってくれています。
高野さんについては、逆に私のほうこそ、人生について、高野さんから学ばせて頂いていることのほうが多いのかもしれません。尊敬の出来る非常に聡明なかたです。